緊急事態!スマホが水没した時の対処法

スマホを水没させてしまったときの応急処置

大切なスマホのもしもに備える

完全に水につかってしまう場合

ここでは完全に水につかってしまう場合をご紹介します。
水没の印象が強いのはこの場合だと思います。

1お風呂に落とす
一番水没の原因として多いものです。
湯船につかりながら電話したり、インターネットをしていて、つい手が滑り湯船の中に。
半身浴中に落としてしまったり、シャワーのかかる位置に置いておいてしまい、びしょびしょになってしまうこともあるようです。

2トイレに落とす
意外と多い、この水没。
タイミングは様々ですが、ズボンをおろすときや、便器から立つときにうっかり落としてしまうことがあるようです。
ズボンの後ろポケットにスマホを入れている人は特に注意したほうが良いかもしれません。

3プールに落とす
特に夏場、プールにスマホをもっていく人は多いと思います。
水があふれているプールには水没の危険がいっぱいです。
自分は気を付けていても、周りからの水で水没することもありますので、ご注意くださいね。

意外なところでも水没

それでは、あからさまな水没以外での水没についてご紹介したいと思います。
予想できなかった水没もあるかもしれません。

1汗で水没
夏場はたくさん汗をかきます。
その自分の汗でスマホが水没状態になることがあります。
特に汗っかきで、ワイシャツのポケットやズボンのポケットに入れている人は要注意、です。

2濡れた手で水没
濡れているんだから当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、結構「これくらいなら大丈夫」と濡れている手で触ってしまうこともあります。
特にお風呂から出てきてすぐや、トイレの後手を洗った後など、無意識にスマホを付けてしまうことがあります。
場合によってはほんのちょっぴりの水でもすいぼつしてしまうので、しっかり手を乾かしてから触るようにしましょう。


この記事をシェアする