積み木の住宅

マンション管理会社はランキング上位の会社を選んで安全運用

賃貸借における保証

握手する男性

借り手側のメリット

賃貸物件を借りる場合には、賃貸保証会社との保証契約を義務付ける傾向があります。かつては連帯保証人がなければ賃貸借契約を結ぶことができず、高齢者など身近に保証してくれるような人がいない場合に大変でした。最近では、核家族化の進展や近所関係の希薄化などによって、保証してくれる人が減っているからです。いくらお金を持っていても、保証してくれる人がいなければ賃貸物件を借りることができないというのが一般的でした。賃貸保証会社の存在は、そのような人にとっては非常に重要な存在であると言えます。その分だけ割高になるため、みんなが必要としているわけではありませんが、連帯保証人が見つからない人にとっては大きなメリットと言えます。

貸し手側のメリット

賃貸保証会社の存在は、借り手側にだけメリットがあるわけではありません。貸し手側にとっても、賃貸保証会社を経由して保証を得ることでメリットがあります。連帯保証人を用意してもらう場合、万が一、家賃が滞った場合には自分たちで連帯保証人から家賃を取らなければなりません。それに対して、賃貸保証会社が保証契約をしていれば、滞納家賃は会社から支払われます。入居者に対しては賃貸保証会社から催促されます。その分だけ貸し手側の手間が省かれるのです。賃貸保証会社との契約は入居者が行いますし、手数料も入居者負担ですから、貸し手側は何の負担も生じません。より簡便に賃貸借契約を結ぶことができる点で非常にメリットがあります。